お弁当のおかず、煮たときの英語表現


スポンサードリンク





こんにちは。
Instagramに、主に女子高生の娘へのお弁当を投稿しています、nao-everです。
Instagramに投稿されているステキなお弁当PICをみて
研究しています。
ブログには、投稿したお弁当の気づき、その他いろいろを
書いています。

少し前に姪っ子に作ったお弁当です。
うちのムスメと違ってミニトマトを食べてくれるので
ミニトマト入り。
そして、ソーセー人も出没。
この中では、大豆とひじきの煮物が好評でした(^^)


インスタグラムには投稿してないのですが、
このお弁当、姪っ子たちには好評でした。
ソーセー人やかまぼこも頑張って飾り切りにしました。

夜遅くになって、コトコトひじきと大豆の煮物を作って・・・
ところで、このコトコト煮る、は英語で
simmer
というそうです。
沸騰直前の火加減でコトコト。

その他、
stew
もビーフシチューやホワイトシチューといった使われ方を
するのでわかりやすいですね。
これは、「煮込み」という訳がついていました。
とろ火で長時間煮るイメージで。

参照サイト
毎日ちょこっとリスニンング特訓

Seasoneted with soy sauce & suger で 醤油の甘辛味の味付けになります。
外国の方に調理法や味付けの説明ができたら、
お料理でコミュニケーションできていいですね!

最後までお読み頂きありがとうございました。


スポンサードリンク




http://toki-doki-sora.com/wp-admin/edit.php?ids=651

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/nao-ever/toki-doki-sora.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3721